全国の野菜通販はどうなっているのだろう

全国の野菜通販はどうなっているのだろう

淡路島の野菜通販

瀬戸内海に浮かぶ兵庫県の島といえば淡路島ですよね。
通販を使えば、淡路島の野菜も簡単に食卓へ運ぶことができます。

 

淡路島には、日本一の品質を誇る野菜、「淡路たまねぎ」という特産品があるんですよ。
淡路島は、瀬戸内海特有の温暖な気候や日照時間が長い、という特徴を活かした農業が盛んに行われています。

 

淡路たまねぎは、収穫時期で「早生たまねぎ」「中生種たまねぎ」「茶色い皮付きたまねぎ」の3種類に分類されます。

 

早生たまねぎ

水分が多くて柔らかく、甘みが強いのが特徴で、生食に最適。

 

中生種たまねぎ

早生たまねぎに近く、辛味が少ないので、生食に適していて、乾燥させると茶色い皮付きたまねぎに変化するんですよ。

 

茶色い皮付きたまねぎ

淡路たまねぎ特有の甘みを引き出すために、玉葱小屋に吊り下げて、自然の風を利用して、ゆっくりと乾燥されたもの。
調理することによってその甘みを発揮する食材なんです。

 

淡路島で作られる野菜でも、通販を使えば、簡単に手に入れることができます。
通販を利用して、淡路たまねぎの3種類の味を堪能してみてはどうですか?

美瑛の野菜通販

北海道といえば、雄大な大地で、育てられた新鮮な野菜が豊富なイメージがありますよね。
そんな土地で作られた野菜は、それだけで美味しそうな感じがします。

 

通販を使えば、日本全国の食材を取り寄せられるので、北海道から遠くても、現地で作られた野菜を産地直送してもらう事だってできます。

 

とくに北海道の美瑛町では、野菜の美味しさを伝えるために、JAびえいが運営するショールームまであるんですよ。

 

美瑛町の特産物といえば、アスパラガスなんですけど、春の食材として人気です。
肥料が多く必要で、時間と手間が多くかかる食材で、特に美瑛町のアスパラガスは、他に比べて、太くてとてもジューシーなのが特徴。
贈答品として通販を利用する人も多く人気なんですよ。

 

他にも北海道の食材としては、ジャガイモやスイートコーンなんかもありますよね。
通販を使えば、美瑛町の食材も産地直送で届けてもらうことができます。
上手に使って、美味しく新鮮な野菜で、食卓を演出してみてくださいね。

秋田の野菜通販

その地域に根付いていて、歴史が古い伝統野菜は、全国にあるんですが、遠くのものでも通販を使うと取り寄せることができます。

 

秋田にもたくさんの伝統野菜があります。
秋田といえば、寒い時期に食べるお鍋の印象が強いですよね。
そのお鍋の食材に使える、伝統野菜もたくさんありますよ。

 

たとえば、「からとりいも」というサトイモは、よくあるサトイモに比べて、皮が剥きやすく、ぬめりと甘みに特徴があるもので、煮物や鍋物に最適なんです。

 

色が濃くはっきりしていて、甘みの強い「山内にんじん」も煮物や鍋物には最適だそうですよ。
生だと食感がパリッとしてるんで、地域の人たちは味噌の一夜漬けで食べます。

 

あと、秋田の伝統野菜で忘れてはならないのは、「とんぶり」です。
別名「畑のキャビア」と呼ばれていて、生産量は日本一。
プチプチした食感が特徴で、くせがないので、和え物なんかによく使われます。

 

通販を使えば、このような野菜を実際に食べることができます。
今では、なかなか食べる機会が減っている伝統野菜。
通販で取り寄せて、秋田の味を取り入れてみてはどうですか?

愛知の野菜通販

愛知といえば、野菜作りの歴史が古い土地だと知っていますか?
気候や土、豊かな水に恵まれ、農業を営む人もたくさんいたので、とても盛んだったんですよ。

 

だから、愛知で作られる野菜には、江戸時代から伝わるもの、その地名や人名に由来するものがたくさんあって、伝統野菜と言われているんです。

 

伝統野菜

江戸時代からと歴史が古いものには、「宮重」、「方領」というダイコン、名古屋で生産されている「大高菜」、尾張地域の「越津ねぎ」など、100年以上もの歴史があります。

 

愛知の伝統野菜は、普段スーパーでみるようなものとは、見た目も違っていて、今では、なかなか見る機会も少なくなっているようですね。
でも今は、何でも通販で簡単に取り寄せることができる時代になりました。

 

なので、通販で取り寄せて、普段使っているものと味を比べる事だってできますね。
愛知の伝統野菜を通販で取り寄せて、普段とは一味違う、歴史の深い味わいを堪能してみてはいかがですか。

トップへ戻る